マッサージの正しいやり方

肩が強く凝った時にはマッサージをすることで徐々に改善していくことができるものです。しかし正しいやり方を覚えて実践していかなければ、逆に肩が痛くなったりして症状が悪化したりするので注意しなければなりません。ここで正しいやり方をお伝えします。

■最初は短い時間で行う
肩の部位は違和感や痛みなどが生じやすい部位です。またあまり動かさずにじっとしている時などは固定するので血流が悪くなったり、筋肉が固まってしまうこともあります。ですからマッサージは定期的に行わなければなりません。初めていく際には短時間から行うようにしていくといいでしょう。ツボを軽く押したり全体を揉んだりするなどして血流促進と肩の緊張をほぐしていくことを念頭に置いて行っていきます。最初から長時間行う必要はありません。それよりも肩こりを改善していくためには継続して行うことの方が大切です。長くゆっくりと肩こりのマッサージをしていけば徐々に痛みなどから解放されていくことでしょう。

■優しくツボを押したりマッサージをする
マッサージを行う時には強くする必要はありません。適度に気持ちいい程度でやっていけば効果は実感されていくはずです。ツボは特に効果のある部位なので、そこは適度な力で入念に押すようにしてみてください。また適度な力で気持ちいいと感じる程度に行うといいでしょう。この気持ちいいと感じる程度はとても大切で、それによってストレスも同時に解消されていきます。ストレスは特に肩こりの原因にもなりますから、ストレスを体外から排出するようにマッサージをしてみるといいでしょう。適度に、また定期的に長く行っていけばきっと痛みなどがなくなっていきます。諦めずにとりあえず継続してみてください。

■入浴後に行うのが最もお勧め
入浴をすると血行が促進されますし、筋肉も緩んでやわらかい状態になります。この状態でマッサージを行うととても効果的です。筋肉が緩んでいる状態でやれば痛みを感じにくいですし、より肩の筋肉のコリをほぐしていくことができます。肩の筋肉が緩んでいる時には怪我も起こりにくいものです。入浴時以外の筋肉が緊張している時にはつい力を入れてしまい、筋肉痛を引き起こしてしまう心配がありますが、入浴後のリラックスした状態では適度に行うことができるので、安全に実践することが可能です。できれば入浴後を選んでやるようにしてください。特に寒い時期は入浴後がお勧めです。

About the author

user

View all posts